代理店、業種の種類はとっても豊富になりました

代理店の業種の種類について

代理店と呼ばれるお店は、街中でよく見かけます。これは、基本的な消費やサービスを提供しているのは別の会社で、代理店が消費者に取り次ぐ形態のものです。いわゆる分業の一種であると言えます。現在では、保険業、金融業、化粧品販売業、旅行業、自動車販売業など多様な業種に利用されています。
このような仕組みをとることのメリットは、代理店と、基幹商品・サービスを提供する会社の双方にあります。まず、代理店としては、他人のノウハウを活用できるので、自分が知識や経験を持っていなくても独立できるという点です。そして、商品やサービスを供給する会社にとっては、少ない資金で顧客を拡大できるという点がメリットであると言えるでしょう。

代理店となるためにはどうすれば良いか

代理店となるためには、商品・サービス供給業者と契約を結ぶ必要があります。契約によって、代理店でそれらを使った営業が可能となります。基本的に扱う商品やサービスは、直接供給業者から仕入れたり提供を受ける形なので、契約をしなければ始まりません。一般の商店であれば、間に卸売業者を通して仕入れるのですが、これらの場合はそれらのルートを通していないことが多いです。つまり、代理店になると独占的にそれらの商材を扱えるので、他のお店と差別化を図れるというメリットも享受できるのです。
このように、代理店として開業することのメリットは、一般の小売商店と差別化を図れるので、利益の拡大が比較的容易であるという点にあるでしょう。